理想の自分に似合うジュエリー


柔らかな春の日差しには、パールが似合う。


35を過ぎた頃からだろうか。

パールが似合う女性でありたいと

思うようになったのは。



はるか遠い昔から

人々を魅了してきた柔らかなパールの輝き。

人々は、パールのことを

月が海に落とした光の粒や

人魚の涙だと、信じていたという。


ギリシャ神話では、

愛と美の女神<アフロディテ>が

海の泡から産まれたとき

その体から払い落とされた水滴が海に沈み、

美しく輝く真珠になったとされている。



光を浴びて

キラキラと輝く宝石とはまた違って

内側から溢れ出る輝きを

その身にまとった虹色のヴェールで

そっと包み込むようなパール。

貝の中で作られるパールは

持ち主を護り、

母なる海から受け継いだ

創造性を引き出すとも言われている。



そんなパールが象徴するのは

「内面の美しさ」

だと、私は思う。



私にとってパールは

凛として

美しく

創造性豊かな

理想の女性のイメージ。






20代前半から持っている

真珠のネックレスとピアス。


粒はそんなに大きくはないけれど、

とても質の良い、美しいパール。


当時の私には似合わなくて

冠婚葬祭の時にしか、つける機会がなかった。



年齢を重ね、

母になり、

今やっと、

このパールを普段使いできる自分になれた。



理想の自分をイメージして

その自分に似合うジュエリーを

先回りして手に入れる。


今の自分には

背伸びしすぎだと分かっていても。

まだ似合わないと知っていても。

似合う自分になるために。

一歩ずつ進んでいくモチベーションのために。



そういうのもまた、ステキ。


Jewelry choco

ジュエリー職人として、3人の子どもたちの母として、一人の女性として。 毎日を精一杯、輝いて生きていく女性のために、自分自身を叶えるために。 Jewelryは「想い」をコンセプトに、「想い」を叶えるジュエリーを ひとつひとつ、心を込めてお作りします。 オーダーメイドジュエリー ベビーリング 天然石 パワーストーン Jewelry choco

0コメント

  • 1000 / 1000